肩関節周囲炎のいやし

fujiss2011年の事です。右手に痛みがあり、はじめは、肘から指先に、次には腕全体に痛みだした。聖書の教えに、「すべてのことについて感謝しなさい。」ありますから、痛みが起こるたびに感謝しました。

そのうち、夜中に痛みで眠れなくなった。
医者にかかったところ、肩関節周囲炎で、肩の筋肉の先の腱に傷があり週に一度、5~6回、ヒアルロンサン注射をすればよくなるということで治療を受けました。

そして、「もういいでしよう」と言われ治療は終わりましたが、痛みはまだ残っていました。

痛みで物が持ちづらくバックを軽いものにしようと探し、良いのが見つかりましたが高くて迷いました。

ある朝、祈っていると「湯水のように・・・」と語りかけを受けました。すぐに経済のことだとわかりました。

が、必要だからと買いに行きました。お店に着いた時、「買ってはいけない」という思いが来て買わずに帰りました。

クリスチヤンになる前の私は、予算はあっても守れず、家の建て替え費用は全く湯水のようでした。

神様は見逃してはいけない罪を示してくださいました。

罪があるといやされないこともあります。示されたことを感謝し悔い改めました。

flowersその後、欲しかったバックは思わぬことから与えられました。

しかし、肩の痛みは、また夜中に痛みだしました。

病院に行くべきかどうか祈りました。その時、狭心症のいやしのみ言葉を思い起こしました。

娘よ。あなたの信仰があなたを直したのです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい。」でした。

神が語られた言葉は必ず成就すると述べられています。

私はこの約束の言葉に立って、「肩関節周囲炎はいやされました。私はすこやかです。」と信仰の告白をしていきました。

試されたことも起こりましたが、5日目の朝、痛みが全く無くなっているのに気付きました。完全にいやされました。

いやし主である主に感謝し、心から主をほめたたえました。

 

礼拝生中継
神様のいやし ゴスペル ブログ レシピ
26聖人
証動画
ゴスペルライブTV
ゴスペルコンサート ゴスペルコンサート パウロ秋元牧師著書